在宅ワークブログ

自由に仕事ができるクラウドワークス

投稿日:

「自由に仕事ができるクラウドワークス」

 

フルタイムで仕事をしていた頃は、週末が楽しみで、日曜日の夜は月曜日からの出勤を考えると憂鬱になっていました。会社に行くのが楽しいという人はなかなかいないと思います。会社に行くというのは、憂鬱になるものです。旦那も日曜日に憂鬱になっています。

 

以前、仕事をしているときは、家に帰ってきてからも、 または週末で家にいる時も、出かけている時でさえ、気になる仕事があると、頭から離れなくて、ストレスになることもありました。

 

また、会社勤めだと、気の合う仲の良い同僚や、いい上司だけとは限らず、人間関係のトラブルもついて回ります。

 

そして、仕事も自分のペースだけではできず、自分の仕事は順調に進んでいても、巻き込まれて、それがストレスになることもあります。

 

会社勤めの頃は、ストレスで咳が止まらなくなったり、過呼吸になったり、体にいろいろな影響が出て、大変な思いをした記憶があります。

 

そういった問題やストレス全てから解放されるために、仕事を辞めて、妊活に専念しているわけですが、長引く不妊治療に、時間を持て余し、パートに出ようかなと旦那に相談した時、パートでさえストレスになる事は必ず出てくるとから、外で働くのはやめた方が良いのではないかとの意見でした(結局、働く時間が合わずに、どちらにしてもパートで働けなかったわけですが)。

 

クラウドワークスで在宅ワークを始めて3ヶ月経ちますが、始めてまだ1週間目位の頃、まだ自分のペースが掴めていないときに、一度だけ、納期のかなり短い、大きな仕事を引き受けてしまって、あたふたした以外は、一切ストレスも問題もありません。

 

いつも自分の働きやすい環境に整えたパソコンのデスクで、カフェオレ片手に、おやつを食べながら楽しくお仕事しています。アイスコーヒーやフルーツゼリーを作って冷やしておいたものも、記事を書きながら食べたり、飲んだりしています。

 

仕事に疲れたら、リビングにヨガマットをしいて少しストレッチしてみたり、たまにはソファーでお昼寝したり、テレビで録画していたドラマを見たり、リフレッシュしてからまたお仕事開始します。

 

仕事も自分のペースで進められます。自分ができる範囲の仕事量だけの契約をすればいいのです。

 

不妊治療のお休み周期の時は、家事とヨガに行く位しか用事はないので、多めに仕事の契約を取るようにします。採卵周期が始まると、半日は病院で時間を拘束されてしまうので、少し少なめにしておきます。自分のプライベートの都合で仕事量が調整できるのです。

 

こんなに恵まれた自由環境で働けて、収入が入るなんて、本当にクラウドワークスってすごいと思います。

-在宅ワークブログ
-, , ,

Copyright© 在宅ワークのクラウドワークスで稼ぐ妊活ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.